結婚観

私の結婚観における不可欠要素

「独身は望ましい生き方でない」という問いに、昔は、どちらかと言えば賛成という人は多かったのですが、最近になって、その数は半数を下回っています。

 

それには多くの要因が考えられますが、その一つは女性の社会進出でしょう。

 

女性の社会進出

現代において、女性の社会進出は増えており、結婚に求める条件は「家事・育児の分担」だと言われています。

 

これは「イクメン」という言葉が社会に浸透していったことからもわかると思います。

 

私の結婚観は子育てにあると思っていて、もっと男女ともに育児することが望ましいと考えています。

 

さらには、「仕事への理解」という声も多く、社会的自立を強く表しているのではないでしょうか。

 

 

しかし、男性の「経済力」を重視する傾向にあって、私の結婚観である安定した収入も、不況によって満足することがなく、ますます必要だと感じる男性は増えるのだと思います。

 

このように男性が晩婚化という態度になりますと、女性は年齢を重視される傾向があるため、結婚も難しくなって少子化という問題も絡んでくるのではないでしょうか。

 

また結婚相談所に入会することも視野に入ってきたのは、これからも未婚が続くのではないか、という人が増加しているのだと思います。

 

そして私の結婚観は、性格の相性です。

 

性格の不一致が家庭内離婚を生み、夫婦関係は一度壊れると修復しないと言います。

 

そのようなことも婚活サイトの口コミ情報などでよく見掛けます。

 

いろいろなことを考え過ぎるとダメですが、ある程度は結婚観を明確にしておいたほうがいいかと思います。